あざらしとペンギンの問題

主に漫画、数値計算、幾何計算、TCS、一鰭旅、水族館、鰭脚類のことを書きます。

城の崎にて、あざらしを観てきた

Twitter の陰謀によって突如としてキビヤックにされたくろは先生が掘り起こされて新たな生を始められたということで、もうこれはイースターと言っても過言ではないですね!あざらしの卵を用意しなければ!

とはいえ、聖遺物であった『アザラシック・ワールド』のツイートが失われてしまったことは大変悲しむべきことです。我々はこの事件を深く心に刻み、いざとなれば訴訟を起こす構えを示さなければなりません。本件において仮に Twitter 社が凍結されたアカウントをすべて復活させて事件をなかったことにしようとしても、既に大量の証拠が残されてしまっている現状では、それも不可能でしょう。ただ、こちらとしても実際に訴訟に持ち込むことは現実性がないでしょう。利用規約において、Twitter は利用者に対して理由の如何を問わず無制限にアカウントを停止する権限を有するとされています。現行の規約ではアカウントの停止に対する異議を唱えることができるとされていますが、Twitter がそれに応じるかどうかについては何も定められていません。というか読んでみると整合性がアレでこの会社マジでダメなんじゃないかと

https://twitter.com/en/tos

いつもの長いアバンはこれまでとして、タイトルの通り、城崎温泉に行ってきました。私の誕生日が9月1日だったので、その記念と18きっぷの使用を兼ねて。残念なことに出遅れて特急を使うことになりましたが……私にはお金がないので痛い出費でした。到着が21時と遅くなったので、その日は旅館に泊まっただけで、観光したのは翌日です。

さて、城崎温泉といえば、志賀直哉の『城の崎にて』が有名です。1913年8月、東京を訪れた志賀は、山手線にはねられて重傷を負いました。命は助かったものの、しばらくの療養のために彼が訪れたのが城崎温泉です。生々しく死を突きつけられた体験は、彼の頭に深く刻まれたのでしょう。1917年、志賀は同人誌『白樺』に短編『城の崎にて』を発表されました。それは彼の代表作のひとつとなり、現在までその名をとどめています。

文学史上に現れる鉄道人身事故では、レフ・トルストイの『アンナ・カレーニナ』もよく知られます。本作の主人公であるアンナは、列車に身を投げて自殺しました。先の志賀直哉は本作を高く評価しており、近代小説の教科書とまで言ったようです。それだけ志賀にも影響を与えたということでしょう。彼が列車にはねられたのはもちろん偶然ですが、それがもとで傑作が生まれたことには、不思議な縁を感じるところがあります。

さて、私の話に戻りますが、城崎温泉へ行こうと思ったことの決め手は、『帰宅部活動記録』(作:くろは)の文学回(アニメでは5話)に登場する次のあざらしでした。

f:id:azapen6:20170916055331j:plain

つまりは『城の崎にて』からの縁で私は城崎温泉を訪れたのです!もちろん作品はちゃんと読んでいますよ。現地に持っていって読めればよかったのですが、出発からドタバタして結局なりませんでした。

城崎温泉の旅館に泊まると、外湯巡りのフリーパスがもらえます。これは外湯の受付でバーコードをかざせば無料で入浴できるというものです。泉質は駅前の飲泉所で飲んでみればわかる通り食塩泉です。城崎では浴衣に下駄が正装というように、旅館で借りた浴衣と下駄の姿で外を出歩くことができます。下駄の音を鳴らして歩くなんて風情があって良いなぁ、と思ったのは最初のうちで、鼻緒を挟んでいる指の間が痛くなったのを我慢して歩きました。旅館に戻った頃には指の間から血が滲んでいて、優雅を気取るのも楽ではないな、と思いました。

旅館を出た後は温泉街を観光した後、近くにある水族館『城崎マリンワールド』に行きました。もちろんここを訪れることも旅の目標でした。それまで持っているだけだった障害者手帳がここで初めて役に立ちました。水族館の情報はウェブサイトを観てください。

marineworld.hiyoriyama.co.jp

もちろん私が観に行きたかったのはあざらしとペンギンがいる外の水槽なわけで。あざらしの他にもアシカ、トド、セイウチが出揃っていて、アシカ・イルカショーもアシカの方に重きが置かれ、セイウチがボスとして出てくるといったように、かなり鰭脚度の高い水族館でした。アジを釣って天ぷらにするという他にはないアトラクションもありました。「美味しい天ぷらを、釣りましょう」という見も蓋もない文句、好きです。とはいえ時間と金の関係でパスして、水族館を後にしました。

今回は旅の話を書きましたが、実際のところ私にバリバリ旅をしたりイベントに出たりする余裕などはありません。保険・障害関係の手続きは1回あたり2-3ヶ月待たされるのが普通なので、尿と吐瀉物にまみれた東京という土地から名実ともに去ることは、近いうちには難しいでしょう。

最後に行った大きなイベントは、7月にあった『うらら迷路帖』アニメのイベントでした。一言で言えば、最高、でした。『うらら迷路帖』は原作から好きになった作品ですが、アニメ7、8占は合わせて5回泣けるほど濃い話数でした。どうでもいい話ですが、私が前回の『よんこま小町』に出すつもりで作っていた同人誌『迷路町通信・第壹號』のデザインは、上で言及した文学同人誌『白樺』を参考にして考えました。変なところで話はつながるものですね。

うららイベントでは、それまでとは一転して、先輩としてちゃんと進行をされていた諏訪彩花さんが登壇される『SSちゃんねる』のイベントは、昨年は4公演全通しましたが、今年は行けそうにありません。

昨年といえば春の『あどりぶ』のイベントにも当選して行きました。最前列でゆっこさんを直前に拝める神席でしたが、むしろスカートの中が見えそうで鰭が鰭でなかったのは良い?思い出です。

1日早いですが巽悠衣子さん、お誕生日おめでとうございます。『下向き』は毎回神回です。これが 324 円払えば実質無料だなんて信じられません。『けいおん!』から『kiss×sis』を知って、この強そうな名前の美人は誰だ?けいおん!にも出ていたのか、いうところから随分と年月が経ちました。ずっと応援していたとはとても言えませんが、これからも応援しています。金の続く限り。

後は辞世の句でも詠めば締められるでしょうか。残念ながら私はいきなり何も考えることなく死ぬのが理想なので、そういうことはしません。

では、本当に最近の話をしましょう。最近は絵もあまり描けていなくて、1日の記憶があまりありません。

まず結構大きかったのは、sbt がメジャーアップデートされ、遂に Version 1.0 がリリースされたことがあります。『天之御船学園放送部♪』@anhpmsbot は現時点では sbt 上で動いているのですが、それまで長期間走らせておくと再起動時に変なエラーで落ちていたのが無くなって、安定した運用ができるようになりました。これで Scala での開発が捗り、30億のデバイスで走るようになればいいと思います。

今のところの主力開発言語はこの通り Scala ですが、同時に OCaml も主力に加えようとしています。理由は、速度面で有利であること、また、F# の中核をなす言語であることから、ウィンドーズで何かを作らなければならなくなったときにも対応しやすいことなどがあります。まぁ、プログラム言語はあくまで道具ですので、覚えた数など問題ではなく、しかし使える武器が多いことに越したことはないといったところです。

『天之御船学園新聞部♪』anhpms.org はまだ稼働していません。ドメインを取ってからもう随分経つのに実に勿体無いですね。ドメインは namecheap というレジストラで取っています。anhpms.orgWHOIS protection を含めて1300円/年くらいです。何はともあれ早くページを作らないのは馬鹿です。

Domain Names - Cheap Domain Names | Namecheap.Com

体の方では、少し前に『クエチアピン』なる薬が出ました。先発薬が『セロクエル』の名前で通っている有名な薬です。この薬を飲んでからでしょうか、妙に甘いものを欲するようになり、一方で塩気のあるものをあまり欲しなくなりました。普段の食欲が落ちた代わりに、甘いものが無性に食べたくなります。この薬は血糖値を上昇させるため。使用には注意が必要ということです。

『ららマジ』なるゲームをリリース直後から続けてやっているのですが、現時点でやれることをほとんどやり尽くしてしまいましたので、基本的にイベントドリブンです。イベントシナリオでは器学部員達の掛け合いが増えてより楽しくなりました。しかし、今望んでいるのは本編ストーリーの追加と絆レベルの上限解放です。第7幕『マランドリーノ』の完璧なストーリーを観てしまうと、期待しすぎてしまうところはあります。あとは私のこととして、『ららマジ』の絵も描きたいのですけどね。一応フレンドIDを書いておきます。

名前:とっかりーん
フレンドID:RvZA29mz3f

色々なことを詰め込んでまとまりのない話になってしまいましたが、今回はこれで締めることにします。では。

azapen6